Top Page > スポンサー広告 > マグリットと若冲と蕪村展覧会巡り > マグリットと若冲と蕪村

Memo

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08.26 Wed

マグリットと若冲と蕪村

25日、台風も来ている中、京都市美術館で開催されている「マグリット展」へ行ってきました。
初めて見る絵も教科書で見た事ある絵も…良かった。
白いドレス着た女の人の顔が花になっている絵(題は知らない)が観てみたかったけれど、置いてなかった。
でも満足。
明るさと暗さが同居してる。マグリットの描いたポスターかっこ良かった。
青空なのに「呪い」って題だったりして。
「恋人たち」では暫し見入る。

おまけのルーブル。
同じ建物で開催されているルーブル美術館展。
到着するまで観るか迷っていたのですが、マグリットとのセット割りがあったのでついでに。
入ってまず驚いたのは人の多さ…マグリットから先に観たので余計びっくり。
なんでじゃ…ミュージアムショップを挟んで対の様に入り口があるマグリットとは大違い。
マグリットも良いのに…。
ポスターにもなっている、フェルメールの天文学者は想像より小さな絵で、
注文した人が日常にさりげなく飾って楽しみたいのだろうな。という想像をしながら観てました。

そして京都を後にして、滋賀の「若冲と蕪村展」へ。
同い年で家も近く…という面白い関係の二人。
若冲の絵も美しくてもちろん好きなのだけど、今回は蕪村の絵を観られるのが嬉しい。
妙に力が抜けた絵。人物画も風景画も見ていて楽しい。

そして象好きーな私。
念願の「象と鯨図 屏風」に出会えた…。
大きな動物を色を抑えて描かれたこの絵、大好きです。

帰りは強風にあおられながら帰りました。でも暑くなくて良かった!
ラッキーが重なって今回も楽しい展覧会巡りでした。

magr louv jcbs
posted by (C)hayu
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。