Top Page > スポンサー広告 > 日帰り東京展覧会巡り > 日帰り東京

Memo

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06.03 Sat

日帰り東京

日帰りで巡ってきた。

ミュシャ展…「スラヴ叙事詩」が凄かった!
大きさに圧倒され、一枚一枚の前でなかなか動けない。スラブ系民族の歴史が神話とともに迫力のある美しさで描かれていて、目の前に立つと言葉がなくなる。アールヌーヴォなミュシャも良かったけど、故郷に戻った後の作風も素敵だった。
テレビで見て、見た気になっていたけど、本物を自分の目で見る大切さが身にしみた。
贅沢な時間でした。

バベルの塔展…ブリューゲル好きなのでかなり楽しめた。
細部まで気を抜けない描き込みの絵画と、寓話の多い版画。この地方の特色なのだけど、生活感が溢れている作品の中に仕込まれた小ネタを見つけるのがとても楽しく見ていて飽きない。
作品自体はそんなに大きくないのにそこに色々つめこむから、ウォーリーを探せ!してる気分になる。

大友さんの描いたバベル内部の絵がどこにあるのかわからなくて、それを観られなかったのは残念。


ミュシャの大きな作品を観た後、バベルで細かい作品を観たので目がとっても疲れたけど、本当に行って良かった。
ありがとう!!

babel mucha
posted by (C)hayu
*
おまけ。
サントリー美術館へ寄り道。バベル展でつい買ってしまったキーホルダ。
もひとつ、つい買ってしまった「びじゅチューン」のバンダナ。

tmtbako
posted by (C)hayu

kyhl
posted by (C)hayu
bijyuchu
posted by (C)hayu
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。